tolq

July 27,2018

MOLESKIN PRINTED JACKET

1950年代に製造されていた1stタイプのモデル。
 
裏地がブランケット仕様は、1950年〜52年しか製造されていなかったモデルでその中でもサイズが48からの仕様となる、後ろがセパレートになった通称「Tバック」の希少なモデル。
 
ペンキが飛び散ったタイプで、ベルベルジンディレクター藤原氏私物の物をプリントした。
 
デニム部分がプリントされた生地は、超長綿で織り上げたモールスキンを使用。
 
ブランケットがプリントされた生地はフリースを使用。