tolq

July 27,2018

MOLESKIN PRINTED JACKET

サンプリングしたモデルは、1950年頃に製造されたType-1のデニムジャケット。

 

裏地にブランケットが付いたタイプは、1950年頃から1953年頃の約3年間しか製造されてこなかったモデルである。

 

その中でも後身頃がセパレートになっている通称 “T-Back “は、サイズが48以上のものにしか見られないディテールで、20年以上古着業界に携わっている藤原氏自身、これまで10着も目にしてないほどの希少性。

 

特に、藤原氏の所有しているこのジャケットにかかったペンキの雰囲気は、世界で恐らく一着であると思われる。

 

デニム部分をプリントした生地には、超長綿で織り上げたモールスキンを、ブランケットをプリントした生地にはフリースをそれぞれ用いた。

 


品名 : Trompe L’oeil Printed Jacket(Type-1 T-Back)
品番 : TA-2001
価格 : 69,000円+税
サイズ : 36.38.40.42
素材 : 表地 綿100% 裏地 ポリエステル100%
生産国 : 日本